生活まとめ狂騒局

生活を中心としたまとめサイトです。他にも面白いことがあればまとめます。 シンプルで見やすいサイトデザインを心がけています。

冠婚葬祭

183: 以下、名無しに変わりまして生活まとめ狂騒局がお送りします 2015/07/06(月) 04:33:34.86 ID:xwqUtzX3.net
10年以上前の話だけど、友人の結婚式の余興が不幸すぎた。 

まず式当日が台風。駅からのアクセスも悪くみんな服も髪もメイクもぐしゃぐしゃ。 
台風の影響で材料が届かないのかなんなのか料理がお子様ランチ並の少なさ。 
1番の不幸は新郎側のバーテンの友人がフレアショーを余興でやったんだけど、 
ボトルは空を舞う度ほとんど落ちて割れる。 
間近で見てた新婦のドレスにモロに掛かってしまいドレスびしょびしょ。 
最前列の人もびしょびしょ。 
グラスタワー作るも何度も落として割れて最終的に3段位の遠くからは見えない高さのグラスタワーに。 
グラスタワーにアルコールを注いで火を付けてファイヤー!!と一番盛り上がる筈が、それも倒れてテーブルのカバー?に引火して火事。 
でもめげずにやり直して近くのカーテンに燃え移ってまた火事。 

始まる前はすごく会場が盛り上がってて音楽もノリノリだったのにあまりのグダグダ具合に中盤から無音。グラスやボトルが割れる音が響いた。 
結局この余興のせいで最後まで会場全体がなんとも言えない雰囲気になってしまった。 

1度目の火事で式場の人が止めれば良かったのに…と今でも思う。
me

138: 以下、名無しに変わりまして生活まとめ狂騒局がお送りします 2015/06/29(月) 23:05:37.36 ID:YBCuwJ2R.net
流れをきって初カキコ 
私の結婚式が微妙に不幸だった。 
年上の既婚友人を招待。 
嫁ぎ先が遠方で、式場も遠方。 
なかなか返事が来ず、直接連絡したら出席したいとのことだった。 
当日はホテルに泊まって頂けるよう手配し、引き出物も荷物になるので式の翌日宅配で到着するように手配。 
交通費の負担も伝え用意していた。 
更に、式翌日に観光案内と送り迎えをすることになっていた。 
当日、連絡もなく欠席。連絡したが出ない。 
その後も連絡がつかなかったが、宅配手配した引き出物だけは受け取り済だった…。 
ホテル代、食事代、引き出物代…ついでに新郎両親の信用まで失った。
me

107: 以下、名無しに変わりまして生活まとめ狂騒局がお送りします 2015/06/03(水)19:46:53 ID:zbr
無理矢理出席させられた挙げ句、行ったら席がなかった私の話でも。
新婦は、当時私が勤めていた会社の同期だったが、入社以来本社に勤務していたエリート。
私はといえば、地方の拠点だけを転々と勤務。身分も任地も全く違うので、新人研修以来交流らしい交流は無かった。
その新婦から「披露宴で急に空席が出来たから出席してほしい」と電話があったのは、式の10日前だった。
何でも新婦が懇意にしている芸術家グループが急なスケジュール変更で出席できなくなり、テーブル一つがまるまる空いて様にならないとのこと。

当時の私の任地は、新幹線の最寄り駅まで高速バスで3時間近くかかる、僻地とも言うべき田舎だが、それなりに仕事はちゃんとある。
当日はその仕事が山場を迎える忙しい時期だったので、日程が急なこと、仕事で外せないことを伝えてその場でお断りした。
me

123: 以下、名無しに変わりまして生活まとめ狂騒局がお送りします 2014/05/11(日)01:00:14 ID:???
もう十数年前のことだが、当時すごく驚いた出来事。

義実家に同居してた義理の伯母が亡くなった。つまり旦那の母の姉。
心不全とのことで、急ぎ駆けつけ通夜と葬儀の手伝いをした。
旦那には弟がいて、結婚して隣町に住んでいたが、
夫婦共々葬儀の時は全く手伝いもせずお客のような顔をして座っていた。
というか完全に客。窘められてもどこ吹く風。

その後遺産の話など出たが、生前に話し合いがついており特に揉めることなく終結。
やれやれ無事に終わったとほっとしていたら、四十九日が終わってから爆弾が落ちた。
(地元では四十九日が終わってから香典返しをする習慣だった)

義弟嫁、ご近所から預かった香典を着服していた。(義弟は知らなかったそう)
me

100: 名無しさん@おーぷん 2015/05/19(火)09:01:37 ID:95T
終わったら絶対に書いてやろうと思ってた。新婦側の友人として参加した結婚式。

準備の段階から何故か新郎に色々と手伝いを頼まれていてすでに嫌悪感。
どんなことかというと新婦友人と恩師からお祝いのメッセージを貰うために、
恩師・各世代の新婦友人にアポ取り、スケジューリングをこちらで全てして、新郎が来たときには完璧にしておくこと、
撮影ポイントをいくつかわけてたくさんの場所に行ったように見せること。
腹立たしかったけど新婦のため、と言われたこと以上の成果で新郎を迎えた。
メッセージだけのはずだったのインタビュー形式にしたい。
挙げ句質問はなにも考えていないからと、インタビューも私にやらせようとした。
当然断ったが、もしそれを私がやるんだったら、
こいつはいったいなんのために男女混合の友人たちと泊まりで新婦の地元に来たんだ。
それに加えてグループで招待されているのに新婦側一人だけ二次会の幹事に抜擢。
尚、新郎友人は2人で幹事。
当日は当日で席次表を渡してもらえず、取りに行くと、謝りもせずにそのまま片手で突き出すように渡された。
me

このページのトップヘ