生活まとめ狂騒局

生活を中心としたまとめサイトです。他にも面白いことがあればまとめます。 シンプルで見やすいサイトデザインを心がけています。

衝撃体験

37: 以下、名無しに変わりまして生活まとめ狂騒局がお送りします 2016/11/22(火) 23:27:33.21 ID:9FW6myre
ツイッターで見たのだが、最近の小学校の算数が意味不明ルールに支配されている事。 
縦2列 横3列の集団の人数を計算するのに、2×3=6は正解で3×2=6は不正解なんだそうな。 

自分が小学生の頃は、掛け算を逆にしても結果は同じだと教師の方が教えていた。九九を度忘れしたら、順序を逆にして思い出せ。 
逆にしても答は同じだから、九九は半分覚えるだけでよいと教えられてきた。 

一方的に見方や考え方を押し付けて、自由な発想を認めない。 
こんな教育では、学校や会社・政府に都合の良い見方しかできない、視野狭窄の人間を量産するだけになってしまう。 
ノーベル賞の先生方が基礎研究の重要性を言っているけど、それ以上にこちらの方が深刻な気がする。
me

908: 以下、名無しに変わりまして生活まとめ狂騒局がお送りします 2016/11/17(木) 08:22:43.32 ID:ZrtAdli3
最近入った職場のある人の名前が、みんな下の名前で呼んでると思ってたら名字だったこと。 
たとえばユイさん→油井さんみたいな。 
前の職場では名字が被ってる人の片方を名前で呼んでたから、そういう流れなんだと思ったら違った… 
それを知った昨日の夜にテレビ見てたら建築家の隈研吾が出てて、ナレーターに「くまさん」連呼されてたのもかわいかった。

me

177: 以下、名無しに変わりまして生活まとめ狂騒局がお送りします 2014/05/14(水)11:15:05 ID:???
正月にひさびさに帰省した
たまたま小学生時代の友人Aと再会したので、Aに声かけてもらって
当時の友達5人で飲みに行った

俺は既婚者で、嫁さんは妊娠中だから里帰り中
一人で正月を過ごすのもむなしいからひさびさに帰省して実家で正月祝った、と話したら
いきなりBが激怒しだして「順番守れ」とか言い出した

順番って言うからてっきりデキた→結婚だと間違えられたのかと思って
「いやちゃんと順番守ったよ。入籍してからの妊娠だし」
と説明したがBはヒートアップする一方でついにビールをぶっかけられた
AがBをなんとか止めて、俺に「今日のところは帰れ」て言うからそのまま逃げ帰った
me

168: 以下、名無しに変わりまして生活まとめ狂騒局がお送りします 2014/09/15(月)18:01:21 ID:???
長文なので分けます
母親の浮気(未遂?)が修羅場だった

当時私は中学生で弟は小学校高学年
母親は優しくメシウマで、共働きだったのにいつも美味しいご飯を作ってくれていた
なのにいつの日からか食事をほとんど作らなくなっていった
朝:サラダと目玉焼き・トーストだったのが市販の菓子パンや惣菜パンのみに
夕:メインの大皿におかず数品だったのがコンビニやスーパーの弁当のみになっていた
共働きだったし仕方がないと初めは思っていたけど、家ではずっと携帯でメールばかりしているし洗濯掃除を全部私に任せて平日夜と土日は習い事で出掛けてほとんどいない
更に家の中でおそらく習い事で一緒であろう男性の名前を連呼する
「○○さんはかっこいい」とか「××(母親の好きな芸能人)にそっくり」など、完全に恋する乙女()のよう
メールを誰としているのか聞いたらその男性としているとはっきり言われた
終いには父親を疎ましく思うような発言や仕草
父親も家では不機嫌になり、家庭内の空気は最悪になっていった
me

164: 以下、名無しに変わりまして生活まとめ狂騒局がお送りします 2014/05/13(火)11:16:57 ID:???
会社の同僚である40代男性が結婚することになった(初婚)。以下Aさんとする
なんと相手のお嬢さんは19歳だという。
人柄はいいけど地味な感じだったAさんに対し、まわりの見る目はガラっと変わった。
でかした!スゲエ!男の理想!という感じで全男性社員の尊敬の視線を浴びるAさん。
「どこで知り合ったのか」と聞くと「彼女の職場で」と。
プリクラを見せてもらったが、なかなかかわいい。
ちょっとギャル系だが「親思いの優しい子」だそうだった。

現在Aさんはその嫁さんと、嫁さんの両親と弟1号と弟2号夫婦とその子供と9人で暮らしている。
働いているのはAさんだけで、あとは全員無職。
嫁さん祖母が生きている頃は祖母の年金と父の障害者年金で暮らしていたが、祖母が死んだので婚活したんだそうな。
Aさんは小太りのやさしそうな人だったのにみるみる痩せていっている。
嫁さんは逆にブクブク太る一方だそうだ。
弟2号とその妻はパチンカスで、その子供らの食費とパチ代だけでAさんの給料の大半が吹っ飛ぶらしい。
Aさんの母も最初は同居していたらしいが、二ヶ月で音をあげて逃げ出したとか。

それでもいまだAさんはわが社では「男の理想」「ほまれ」として尊敬されている。
若い嫁をもらうということは、男性にとって他すべてに目をつぶっていいほどの名誉なのだなあと衝撃だった。
そしてその男性社員の目がある限り、たぶんAさんは離婚に踏み切れないだろう。

そのうちAさんがプチっときて、全部捨てて失踪するんじゃないかと今からヒヤヒヤしている。
me

このページのトップヘ