生活まとめ狂騒局

生活を中心としたまとめサイトです。他にも面白いことがあればまとめます。 シンプルで見やすいサイトデザインを心がけています。

酷い話

389: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/17(土) 23:14:00.50 ID:xewY+XPk
結婚を前提に同棲を始めた彼に冷めた

彼は勝手に物件を契約してきてしまった

私は通勤時間が2時間もかかってしまう場所
6時には家を出る事になり帰宅も8時近くになるので
朝食は簡単な物しかできないし夕食時間も遅くなるだろう
昼のお弁当は作れない、無理だと思うので勘弁して欲しい
その他の家事は分担制にしたい、とお願いした

彼は反対することもなく「そういうのは仕方ない、協力するから頑張って」と言っていた
なのに実際に同棲が始まると弁当は作ってもらわなきゃ困るとか
夕食は7時には食べたい、掃除洗濯は奥さんの仕事
11時には寝るのでそれまでには家事を終わらせて静かにして欲しい
などなど最初の約束と違う事を言い出した

それは時間的に無理だという事を言ったら
ちょっとそこに座れと床に座らされ彼はソファーに座った上からの位置で
「他の家庭の奥さんは同じ事をやっている
洗濯してくれないから2日続けて同じ服になり上司から注意された」
と部下に注意するかのような口調で言われもう一気に冷めた

すぐにも別れたいところだけど住むところがなくなるので
引越し先が決まり次第別れて出ていくつもり
me

909: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/03(土) 10:13:05.36 ID:Gnaa2tR0
弟夫婦から車を勝手に持ち出された。
新車購入から1ヶ月も経ってない車を貸してくれと言われたけど
初心者マークで免取寸前な奴に誰が貸すかよと言って激しく断った。

仲間でキャンプに行きたいとの事だったけど向こうはアルト、
俺の車はステップワゴン。荷物の乗る量は桁違いだろうし
気持ちは判るけどけどBBQの道具で汚されたりするのは明らかなので。


盆休みの直前、自宅に帰ると車が無かった。
同居していた親父には根回ししていたのだが
隙を見て予備の鍵を探して乗って行ったらしい。

そして、車を持ち出されたのは俺が帰る直前だったとの事だったので
自分の携帯を開いて車に仕掛けてたGPS発信器(ココセ○ム)を確認。 

俺はチャリに乗って心当たりの場所へ。
其処は近所でキャンプの道具を扱ってるスポーツ用品店。
駐車場には俺の車が見当たらなかったし、弟の自宅は既に無人。

再度携帯を確認したら車は既に移動していてチャリで行くには
遠い距離だった事からタクシーを呼んで現場に向かう事に。

弟の友人宅? 山の中の一軒家みたいな場所で車は表の道路に停まってたので
自分の車の鍵を使って車のドアを開け…と思ったら無防備にも
ドアの内側ポケットに放置されてたので予備の鍵を使うまでも無く

中に入ってるBBQセットやテントを引っ張り出してその場に置いた。


突然このような事が起こったら盗難だと騒ぎかねないと思ったので
車に乗った直後、その一軒家の玄関前に車を移動させてクラクションを
鳴らし、弟が気付いて走ってきたので追い付くギリギリの所で車を移動させた。

少しの間は走る速度に合わせて、疲れたら徐々に速度を落として、 
追い付きそうになったら速度を上げてバテさせたw

その直後、何通ものメールや電話が届いたけど無視。

すまんな、俺はこの車で仲間とコミケに行く所だったんだよwww
me

44: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/14(水) 21:25:09.85 ID:Wfc+3N2r
中学生になるにむけて、制服を調達したりすることは全部自分でした。ヒステリックな母に頼めるわけもなく自分でしないとどうにもならなかったからだった。

学校での生活は特に問題もなく、単純に人が多くなったからという理由で話す相手ももちろん増え、なかなか充実してた。

ただ、中学1年生の夏休み頃までなんだけど。

地元のお祭りが夏に行われ、毎年ちょうど夏休み前に開かれていた。私は妹と最後にもらえるお菓子を目当てにその夏祭りに行っていた。

家に帰る途中耐えきれず、歩きながら2人でお菓子を食べたのを覚えている。ご飯はもちろん甘いものも与えられてなんてなかったから2人でちょっと幸せな気分になりながら。

家に帰るとかなりの悲劇が待っているとも知らずに。
me

33: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/13(火) 23:13:26.89 ID:F94KpMPg
少し前に参加した友人の結婚式がスレタイ。

はじめての屋外の挙式でとってもワクワクしてた。
しかし、始まってみるととんでもないグダグダ具合にげんなり。
司会の人はプロの人じゃないみたいで、マイク通してもモソモソ何言ってるかよくわからない。
そもそも、スピーカーがどこ向いてるかわからず風の音に紛れほとんど何も聞こえてこない。
プログラムというタイムスケジュールも存在してたはずなのに、挙式終了後のパーティらしきものが始まったのは当初の予定の1時間後。
どうやら新郎新婦の意向で、きた人たちそれぞれのクラスタと写真撮影したいという素敵な発想で
挙式後、だだっ広い屋外に放置されて、呼ばれるまで手持ち無沙汰。
パーティ中にやれよ。と思ったが言えるわけもなく
日差しばかりが後頭部を照りつける地獄。
せめて席についていいよ。と言われたらまだ話は違ったと思うけど、屋外の日除けないところでひたすら立ったまま待機でその段階で嫌になった。

パーティも始まってみれば、座席きっちりすごく狭い感覚で並んでて、ビュッフェに行く気もおきない。
お色直しはなかったが、予告なく新婦もいなくなり新郎もフラフラ暇そう。
サプライズバイトやら、新郎新婦からのイベントごとで呼ばれる友人は全部同じ人。
この時期の屋外会場なのに日が落ちて真っ暗になるまでやったので、外気が最悪に寒くて倒れるかと思った。
最後も歯をガチガチいわせながら、ただただ新郎新婦が手紙を読みあうという、新郎新婦だけのためのイベントを見せられて背筋も凍った。

ようやく終わったと思ったら、まだ地獄は続いた
パーティ後の二次会に行かない人はいないとおもったのか
送迎バスが二次会行く組だけでいっぱいで、タクシー呼ぶ羽目になった。
バスがいなくなって、会場から締め出されて真っ暗なほぼ山の中タクシーを待つ数十分は、終電の時間のせまるギリギリ感と寒さも相まってほんとに地獄だった。

本人たちは楽しく愉快に満足げだったから
不幸な結婚式ってわけじゃない。
参加者をもてなすっていう気持ちの一切ないパーティを開いて神経わからんって思った。

きっとこんなこと思うの私だけだと思うけど誰にも言えないから吐きだし。
me

このページのトップヘ